windows10サポートTOPへ

windows10でwindows updateを無効にする方法

windows updateを無効にする方法。

1、デスクトップ左下のウィンドウズロゴを右クリック⇒ファイル名を指定して実行を選択。

2、gpedit.msc と入力し、OKを選択。

3、コンピュータの構成 ⇒ 管理用テンプレート ⇒ Windowsコンポーネント ⇒ Windows update 内の「自動更新を構成する」を右クリックし、編集。

4、無効を選択し、OKを選択。

5、同様に、Windows update 内の「推奨される更新の自動更新を有効にする」を右クリックし、編集。

6、同様に、無効を選択し、OKを選択。

7、反映されない可能性があるので、PCの再起動を行う。

8、さらに、Windows updateの詳細オプション画面がポリシーの通りに表示が反映されないことがある。 以下のように表示されれば良いが、変更前の状態になっていることがある。その際は項番9の手順を行えばよい。

9、デスクトップ左下のウィンドウズロゴをクリック ⇒ 設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ Windows Update ⇒ 更新プログラムのチェックを押すことで、何故か表示変更となる。


  

戻る




Copyright (C) windows10サポート by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)