Windows10サポートTOPへ

Windows10でのファイアウォールの有効・無効をレジストリで変更する方法

※レジストリ変更は自己責任でお願いします。

1、デスクトップ左下のウィンドウズのロゴを右クリック⇒ファイル名を指定して実行を選択。

ファイル名を指定して実行

2、「regedit」と入力し、OKを選択。

レジストリ

3−1、ドメインネットワークのファイアウォールの場合は、 キー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\DomainProfile」の、 「EnableFirewall」の値で設定を行う。0の場合、無効。1の場合は有効となる。

ドメイン

3−2、パブリックワークのファイアウォールの場合は、 キー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\PublicProfile」の、 「EnableFirewall」の値で設定を行う。0の場合、無効。1の場合は有効となる。

パブリック

3−3、プライベートネットワークのファイアウォールの場合は、 キー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\StandardProfile」の、 「EnableFirewall」の値で設定を行う。0の場合、無効。1の場合は有効となる。

プライベート

4、PCを再起動しないと反映されない場合があるので、PCの再起動を行う。


※ファイアウォールの設定を有効・無効にする方法


  

戻る




Copyright (C) Windows10サポート by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)