Windows10サポートTOPへ

Windows10でユーザ環境変数をコマンドで追加

ユーザ環境変数をコマンドで追加する方法。

1、左下のWindowsボタンを右クリックし、コマンドプロンプト(管理者)を選択。※管理者実行が必須。

環境変数

2、コマンド「setx 変数 値」で追加可能。例:「setx testpath c:\user」と入力。

ユーザ環境変数

3、実際に確認。デスクトップWindowsボタンを右クリックし、システム⇒システムの詳細設定⇒詳細設定タブの環境変数を選択し確認。

ユーザ


GUIでシステム環境変数・ユーザ環境変数の追加

コマンドでシステム環境変数の追加

コマンドで環境変数の一覧を確認

powershellでシステム環境変数・ユーザ環境変数の一覧を確認

vbscriptでシステム環境変数・ユーザ環境変数の一覧を確認


  

戻る




Copyright (C) Windows10サポート by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)