VBS(VBScript)サポート&サンプルTOPへ

PR

関連書籍PR

カテゴリ

姉妹サイトリンク

VBS(VBScript)による物理メモリ配列と論理メモリ配列関連の情報を取得する方法を紹介

WMIを使って、物理メモリ配列と論理メモリ配列関連の情報を取得(物理デバイス、論理デバイス)

サンプルソース


※取得可能なプロパティ(情報)は、以下手順で取得可能⇒WMIのクラス・プロパティ一覧の確認

※「型が一致しません」のエラーが出る場合⇒VBSのWMIの出力で、型が一致しませんのエラーが出る場合


(入力:cscript)

Dim qu,cl,swbe,service,sms1,sms2

Set swbe = WScript.CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set service = swbe.ConnectServer
Set qu = service.ExecQuery("Select * From Win32_MemoryArrayLocation")

For Each cl In qu

sms1 = cl.Antecedent
sms2 = cl.Dependent

Wscript.Echo "Antecedent:" & sms1
Wscript.Echo "Dependent:"& sms2
Wscript.Echo

Next


(出力)

Antecedent : \\HOSTNAME\root\cimv2:Win32_PhysicalMemoryArray.Tag="Physical Memory Array 0"
Dependent : \\HOSTNAME\root\cimv2:Win32_MemoryArray.DeviceID="Memory Array 0"



  

戻る




Copyright (C) VBS(VBScript)サポート&サンプル by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)