VBS(VBScript)サポート&サンプルTOPへ

PR

関連書籍PR

カテゴリ

姉妹サイトリンク

VBS(VBScript)によるautochkに関する情報を取得する方法を紹介

WMIを使って、autochkに関する情報を取得

サンプルソース


autochkが開始されまでの時間を取得。
※取得可能なプロパティ(情報)は、以下手順で取得可能⇒WMIのクラス・プロパティ一覧の確認

※「型が一致しません」のエラーが出る場合⇒VBSのWMIの出力で、型が一致しませんのエラーが出る場合


(入力:cscript)

Dim qu,cl,swbe,service,sms1

Set swbe = WScript.CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set service = swbe.ConnectServer
Set qu = service.ExecQuery("Select * From Win32_AutochkSetting")

For Each cl In qu

sms1 = cl.UserInputDelay

Next

Wscript.Echo "Autochk:" & sms1 & "秒"


(出力)

Autochk:8秒



  

戻る




Copyright (C) VBS(VBScript)サポート&サンプル by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)