Windows PowershellサポートTOPへ

Windows Powershellによる物理メモリ配列と論理メモリ配列関連の情報を取得する方法を紹介

物理メモリ配列と論理メモリ配列関連の情報を取得(デバイスID、エンドアドレス、エラーアドレス)。全てのプロパティについて取得したい場合は、Format-List * で可能。

サンプルソース



(入力)

Get-WmiObject Win32_MemoryArrayLocation | Format-List Antecedent,Dependent


(出力)

Antecedent : \\HOSTNAME\root\cimv2:Win32_PhysicalMemoryArray.Tag="Physical Memory Array 0"
Dependent : \\HOSTNAME\root\cimv2:Win32_MemoryArray.DeviceID="Memory Array 0"



  

戻る




Copyright (C) Windows Powershellサポート by wannko All Rights Reserved.
お問合せ先 ⇒ nachiko★wannko.net(★を@に変更して下さい。)